財布は好きな物を使いたいです

お正月にお財布を新品に変えると運気が上がる時いたことがあります。
お財布の中がぐちゃぐちゃだとお金が入ってこない。
お札を折り曲げると貧乏になり。などなどいろいろな言い伝えを気にしていますが、一応気にしているとお金を大切にすることができるので良いかと思います。

私はブランド物の財布をずっと使っていたのですが、今は牛革の財布にハマっています。
無理をしてブランド物の財布を買うよりも牛革の財布の方が愛着を感じられるのです。
財布を使えば使うほど、味の出てくる財布は面白いです。
財布を傷つけないようにしようと神経を使っていたブランド物の財布とは違って、傷が付いても味が出るので面白いのです。
使い込んでいっていい革の雰囲気を出すことが出来るといいです。
>>こだわりのメンズ長財布

昔とは財布の趣味が変わってしまいましたが、好きな財布を持つことが出来ればそれでいいです。
長く使っていくことが出来ますし、上手に手入れをすることが出来れば一生物にもなりそうです。
毎日使う財布なのでこれからも好きな物を使いたいです。
見た目や機能性を考えてちゃんと選ぶことが出来ればいいです。
たくさんの財布を使って来たのですが、この財布とは長い付き合いになりそうですし、今までで一番気に入った財布かもしれません。

長年お財布にはみなさん必ずと言っていいほどお世話になり、また必ず持つアイテムですよね。
私は最初はずっと2つ折り財布を使っていました。
私服はジーンズが多かったのでお尻のポケットにも入って便利だったし…
でもそうした使い方をしているとだんだんゆがんでくるので短いクールで何度も財布を買い換えていました。
バッグに入れてもかさばらないのが2つ折り財布なのですが、ある時友人が
「お財布ちっちゃいね~金持ちは長財布だよ~」
なんていう会話になり、ほうほうそうなのか?へぇ~と思いました。
それから何となくその言葉が気にかかり、私も名が財布に変えてみました。
ジーンズには入らないけどお金の出し入れがすごくスムーズになった事にちょっぴり感動しました。
ブランドものの長財布だったんですがコイン入れがL字型に開くのでとても便利なお財布でした。

よく、お財布によってお金のたまるもの、そうでないものがあると聞きますが、確かにそれはあるんじゃないかなと思っています。
以前使っていたヘビ革の長財布はお金がポンポン出て行って、最終的には盗まれて、中のお金もカードも全て無くなってしまいました。
今現在使っているのはあるブランドのものなのですが、出て行く時もあるけど、またお金が戻ってくるような財布だなぁと思っています。
お財布と言えば、昔マジックテープでバリバリと開け閉めするお財布が流行りましたね。
あれって当時サーファーの人たちが持っていて、そこから人気がでたって感じでしたね。
サーフブランドの物はまだカッコよかったのかもしれないけど、ノンブランドのは何となく貧乏くさいイメージがありました(笑)

金運の上がるお財布を買う予定です

妻の趣味の一つは節約で、実益と楽しみを兼ねて毎日の節約生活を実行しています。
ネット上の節約コラムなどを時々読むのが何よりの喜びなのだそうですが、ある時そういったコラムブログで「節約を目指すなら、財布にも気を使わなければいけない」といった趣旨のものを発見し、思わず動揺してしまったそうです。

と言うのは、そのコラムによれば私の使用しているお財布は全く金運をつかめない財布だということなのです。
今まで風水の類には全く興味がなく、知らなかったのですが、経済的な運気を下げる財布というものが存在するということでした。

お財布と言うのはお金の居場所なのだから、心地よくしてやらなければお金はどんどん出て行きたがってしまう、という「お金視点」での話でした。
私は胸をつかれた思いでした。古くて小さく、ごたごたとレシートやポイントカードが整理されていない妻の財布は、まさにそういった「お金の貯まらない財布」の代表例のようなものだったからです。

クリスマスプレゼントにキレイな財布を買ってあげようかと思います。
お金の居心地のよい長財布を使い、金運アップを新春早々もくろむつもりでいるそうです。

娘から父へ、そして夫に財布が渡る

私が今使っている財布は購入したものではありません。
ブランド物の長財布をここ半年くらい使っていました。
ちょうど半年くらい前に他界した義理の父親が大事に保管していた財布を引き継がせてもらいました。
義理の父親の財布でしたが私が受け取った時には新品の状態を保っていました。
あまり深く考えてはいなかったのですが何か形見として持っておこうと感じたのが財布でした。
いつでも会える人にプレゼントしてもらった財布では無いのでここ半年くらいですが今でも大事に使っています。
そして最近になって知ったことがあるのですが、実は私が今使っている財布は私の妻が父親に昔プレゼントした誕生日プレゼントだったと聞かされました。
全くそんな情報を知らなかったので驚きでした。
父親からすると大事に娘からのプレゼントだったので使うことが出来ずに大事に保管していたようです。
私は義理の父親の形見として毎日使えて忘れないものとして財布を選択しました。
妻からすると大事な父親にプレゼントした財布が巡り巡って主人に届いたことは何か運命のようなものを感じるとも言っていますし、ずっと近くで使ってくれる人がいる方が良いと感じたようです。
3人の思いが詰まった財布はこれからも大事な財布になりました。

個人的には三つ折り財布の形が好きです

一口で財布といっても様々なタイプの財布が存在しますが、私が好きな財布の形は三つ折り財布です。
長財布や二つ折り財布と比較してコンパクトで非常に持ち運びが便利ですし、尚且つきちんとお札もカードも小銭も入る万能型だということです。

皮製品の場合は使えば使うほど馴染んできますし、味が出てくるのでそこが好きですね。
がま口の財布も見た目はクラシカルで可愛いとは思うのですが、がま口は結構開けるのに力が要りますし、あと閉める際に音がするのが気になってしまいます。
子供の頃に1度だけキャラクターの絵柄のがま口の財布を持っていましたが、結局それ以来は購入していません。

個人的にはすごく三つ折の財布が好きなのですが、現在はシーンを選ばず使える長財布を使用しています。

30代を共に歩んだボッテガの二つ折り財布

私は30代半ばの男性会社員です。
もともと20代の頃は、オシャレやファッションにもそれほど興味がなく、仕事中心で生きていたので、洋服も靴も財布などの小物もこだわりはなく、当然高級なブランドのものは一度も持ったことがありませんでした。

そんな折に、30歳を超えた頃、同僚の女性から、「男性は30歳を超えたら財布も良いものを持たないと。」と入れ知恵を受け、その言葉を鵜呑みにした私は10万円近い大金をはたいて、ボッテガヴェネタの二つ折り財布を購入してしまいました。

ボッテガの網目の皮の財布が何とも手触りがよく、これまで1万円程度の財布しか持ったことがなかった僕は、高級財布にすっっかりお気に入りになりました。
結果的にその財布を持ったことがきっかけで、オシャレにも興味を持ち始め、何となく自分にも自信を持てるようになりました。
間も無く、ボッテガの二つ折り財布を手にして、10年近く経とうとしております。
さすがのボッテガも、若干くたびれてきていますが、私の30代を共に歩んだ思い出深い財布です。
もうすぐ40代。またそのタイミングで財布を新調してみたいと思います。